ビューティーオープナー 全成分

ビューティーオープナーの全成分と無添加成分

ビューティーオープナージェル 成分 最安値

・合成香料不使用
・合成着色料不使用
・鉱物油不使用
・防腐剤不使用
・アルコール不使用

ビユーティーオープナーは、お肌に不要なものは出来るだけ使わないように工夫されています。

BG(ブチレングリコール)

BG(ブチレングリコール)は、無色透明のアルコー儿の一種で,保湿効果とともに抗菌効果もある成分です。抗菌作用があるので,他の防腐剤を減らすことができます。また、サッパリした質感で刺激もほとんどなく、安全性が高い成分です。そのため、BGは、化粧品の基本成分(基材)としてよく使われています。

ペンチレングリコール

グリセリンとよく似た無色透明の多価アルコールです。主として化粧品のベースの保湿剤として利用されます。抗菌性があるので防腐効果があります。よくパラベンフリーというキーワードを見かけるかと思いますが、そういった化粧品に使われるのがこのベンチレングリコールです。
ペンチレングリコールは、皮膚への刺激性や毒性はほとんどなく、アレルギーの報告も滅多にないのです。その為、基本的には安全性の高い成分です。

加水分解卵殻膜

ビユーティーオープナーの最大の特徴である卵殻膜エキス。主成分はペプチド類とアミノ酸類で、人間の肌の成分に近いアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などが大量に含まれています。保湿効果・創傷治癒効果・活性酸素除去効果・細胞を活性化する効果があり,真皮中のコラーゲンを増やす働きを助けます。また、コラーゲンとともに大事なケラチンの再生も促し、健康で、ハリ、弾力のある肌へと導きます。しなやかな使用感で、保湿効果も持続する作用があります。

ヒアルロン酸Na

保湿成分の代表。保水性や粘弾性などの特性を活かし、化粧品や医薬部外品(化粧水、スキンクリーム、入浴剤、等)の原料として多岐にわたって使用されています。水に容易に溶け滑かでしっとりとした水分保護膜を作ってくれます。
肌の保湿、皮膚の保護効果、乾燥からくるしわの改善効果が期待できます。

スクワラン

化粧品に配合されている油脂の一種。皮膚への浸透性,湿潤性が優れ乾燥や小ジワを防いでくれる成分。また,スクワランは肌の上でも安定した状態を保てるので,安全性の高い成分として化粧品によく使用される。ターンオーバーの促進・保湿効果・しみ・黒ずみの予防に効果があります。

カンゾウ根エキス

カンゾウ根には非常に強い抗炎症作用、抗アレルギー作用、創傷治癒促進作用、刺激緩和作用、色素沈着抑制作用があるとされ、スキンケア化粧品、ヘアケア製品、ボディケア製品、ハンドケア製品など様々な製品に使用されま。メラノサイトを抑える効果は、ビタミンCのおよそ270倍ともいわれています。

パラエキス

美白効果と保湿効果があり、キメの整ったお肌へと導きます。そして、ローズポリフェノールは、ターンオーバーを強めると研究で発表されています。また甘い香りが、緊張とストレスを緩和してくれる効果が見込めます。

ローズマリー油

ローズマリーには、血行を促進し優れた収れん作用があるため、お肌の引き締めやたるみの防止シワ予防が期待できます。
細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから「若返りのハープ」とも呼ばれている植物オイルです。安全性は、皮膚刺激性がほとんどなく、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

レモングラス油

レモンクラスには強い抗菌作用があるのでニキビに効果的です。また、収れん作用もあり代謝と血行を促進してくれるため、むくみ防止などに使われる場合もあります。
皮脂分泌をちょうせいするので、脂性肌にむいています。毛穴を引き締めてくれます。水溶性のビタミンAが沢山含まれているので、免疫系、リンパ系、血液、体液の循環にプラスに働きます。

ニオイテンジクアオイ油

肌への作用は、皮膚炎、肌の引き締め、皮脂分泌のバランスをとる、乾燥肌、脂性肌、皮膚の回復、肌の血色をよくするなどの効果が期待できます。

デキストリン

食品に用いられることの多い成分。保湿性の増粘成分として使うと効果的で、他の保湿成分と組み合わせることで保湿効果と粘度のある感触の特性を出せる可能性があります。また皮膚への吸着も助けます。

オレイン酸ポリグリセリルー10

天然由来の界面活性剤で、皮膚のコンディショニング剤、乳化剤して化粧品には欠かせない成分。油剤としてメイクアップ製品に配合され、伸びを良くしたり肌への密着を高めたりする働きをします。

クエン酸Na

収れん(肌引き締め)作用、保湿作用、角質柔軟作用があります。肌のpHを良い状態に保つように調節する作用もあります。
さらにpH調整剤、酸化防止剤、キレート剤として化粧品の安定化のために配合されることもあります。

クエン酸

クエン酸Naと組み合わせてpHの調整またはキレート作用目的で使用されることが多いです。収れん作用もあり、収れん化粧品に配合されることもあります。

 

全成分を見ての通り、余計な成分が入っていません。
多くの化粧品は、シリコンやポリマーなどでテクスチャーを改良したり、増粘剤でとろみを出したりと、効果の高そうな使用感にしているケースが多いのですが、
ビユーティーオープナーシリーズは全く違い、誠実に作られている感じがします。